今日も明日もありがとう。

質素な生活ですけど、楽しいんです。

本の断捨離はブックオフを使うべし。意外と高値査定してくれます。

ブックオフ

おはようございます。たよちでございます。

 

さて、お部屋暮らしを大切にしていると、お部屋に居る時の心地よさも追及しがちだとは思います(というか、汚い部屋は本当に何も良い事がないですよ)

 

そこで日々の積み重ねとして大切になってくるのが、お部屋の掃除だったり、断捨離だったりになります。

 

そして昨日(金曜日)の夕方の事です。

 

いつもの様に掃除をしていたのですが、何故か突然思い立って、思い切って『持っていたほぼ全ての本の断捨離』をやってみました。

 

なんでかって言うと、本を全く読まなくなったからなんですよね。

 

ちなみに、私の部屋にあった本はこんな本でございました。(※一部の本ですが)

 

うーん、パッと見た感じ、もろ自己啓発書に傾倒してたんだなって思いがヒシヒシと伝わってくる一枚ですね(笑)

断捨離をした本の一部。

この他にも、本棚に入りきらない本なんかは、保管用のダンボールの中にけっこう入っていたので、それも思い切ってほぼ断捨離する事にしました。

 

で、私なりの本の断捨離のルールなんですが、『この本は何が何でも無いと困る!という本以外は全部捨ててしまえ!』というルールで行いました。

 

そういう心構えでやらないと、選別に時間は掛かるわ、結局捨てられないわで、悪循環に陥るからです。 

 

 とっとと手放したいんだ。

 

さて、本の断捨離をしてきた訳なんですけれども、やっぱり本を単純に捨てるのはどうも惜しいかと。

 

出来る事ならば『二束三文なんだけど、少しでも生活の足しに出来たら嬉しいな』って思うのが世間一般の庶民の心だと思います。

 

で、二束三文なんてもんじゃなくって、出来る限りお金をガッツリと稼ぎたい!というのであれば、メルカリやらヤフオクやら使って出品するのが良いかと思います。

 

しかしながら、そもそもその商品が売れるのかどうか不明ですし、発送処理とか顧客対応がとかく面倒です。

めんどう。

そして、これは私の性格が大きく関与しているかと思われますが、『手放すんだったら、とっとと手放したい!』って思うんですよ。

 

いらないモノを買い手が付くまで待つっていう行動が私にとってはあり得ないです(笑)そんなんだったら、すぐにでも手放したいです。

 

『じゃあ、お前は結局どういう行動に移したのだ?』

 

って言うと、もうここまで言ったら言うまでもないかも知れませんが、ダンボールにいらない本を全部詰め込めて、地元のブックオフに持ち込んだ訳なのでした。

 

ちなみに持ち込みが出来ない方ですと、50冊以上である事が前提ですが、出張買取もいけるそうです。

 

 かゆい所に手が届く。

 

今回私がブックオフさんにどれ位の本を送り込んだのかって言うと、およそ90冊位持込ました。

 

で、大体どんな本を持ち込んだのかって言うと、6割が自己啓発書、3割が昔かじっていたFXの関連書、1割が文庫本という感じになります。

 

読書家な方からすると、相当冊数少ないですよね。

 

ちなみに、持ち込む時なんですけれど、ダンボールは自宅内にあったいらないダンボールを使って持って行きました。

 

また、不要なダンボールはお店で処分してもらえます。ありがたいですね。かと言って、ダンボールにいらないゴミを多数混入させるのはやめましょうね。

ゴミ捨て禁止。

また、ブックオフさんの店舗には持ち運び用の台車も常備されていたので、とっても助かりました。

 

持込冊数が多い時もそうですが、ショッピングプラザの中に店舗が構えている場合、必ずしもブックオフさんから近い駐車場が確保出来るとは限りません。

 

そんな時に、持ち運び用の台車があるのは、とっても心強いかと思います。

 

そして、私が行ったのは金曜日の19時半頃だったのですが、比較的夜遅い時間帯なのにも関わらず、買取査定の方がいらっしゃった事が意外でした。

 

そしてチラっと見た所サラリーマンっぽい方。金曜日休みだったのでしょうかね?もしくは有給取得したのでしょうか?

 

 本当にこんな高値査定でいいの!?

 

さて、持込冊数としてはかなり多い方だと思いましたので、周辺のお店をぶらぶらと散策していたり、店内のCDやら本を漁っていました。

 

そんな中、時間にして30分程度で査定を終えてくれました。体感的には意外と早かったな。という感じです。私がおおらかな性格なのかも知れませんが。

 

で、買取金額は『まー行って1,000円くらいかな?』と軽く見積もってました。

 

別に私としてはいらない本を買い取ってもらうだけでもありがたいし、何より私自身がめちゃくちゃ楽です(笑)

 

そんな中での実際の買取金額なんですけれど、結果はこちら!

買い取り査定の結果。

 

『7,145円』でした!!

 

正直・・・・

 

『えええええ??こんな高く買い取ってもらっていいのかよ??』

 

とか

 

『いや、私が二束三文という言葉に意識し過ぎたからか?』

 

とか色々考えましたけれども、予想の斜め上、いや、90度上の結果に、かなり驚きました。

 

で、私の心の中の悪魔が囁きます。

 

『おい、お前良かったな。この7,000円を己の欲求の為に全て使うのだ!ほら、すぐ近くにはお前の大好きな【くら寿司】があるだろう?まずはそこから使うのだ!』

 

という感じで(笑)

 

それで結局何に使ったのかって言うと、ガソリン代に1,000円投資して、それ以外は全部『寄付』に充てました。

 

どうせ贅沢したら贅沢したで、それが潜在意識に刻まれてしまいますからね。ちなみに、くら寿司が混雑してたからあえて寄らなかったってのは無しで。

 

また、買取不可な本という名のゴミにつきましても、ブックオフのお兄さんが

 

『よろしければリサイクルとして引き取る事も出来ますが、いかがでしょうか?』

 

と仰ったので、お言葉に甘えて『それじゃあお願いします』と言って、引き取ってもらいました。

 

どうせ持ち帰った所で体力とか精神面の負担になるだけですし、恐らく誰にも買い取ってもらえないモノですしね。

 

あ、例外として、JANコードやISBNコード無しだから、買い取ってもらえなかった場合もありますが、それだって自分で売りに出すという面倒な行為が発生しますしね。

 

 担当のお兄さんが好印象でした。

 

余談なんですけれども、ブックオフのお兄さんやお姉さんって凄く無機質な印象があったんですよ。

 

冷淡というか、流れ作業というか、マニュアルに流されてるだけというか。

 

だけど、今回ご対応して頂いたお兄さんは違いました。

 

けっこうニコニコしながらやってくれていて、挨拶も元気が良過ぎず丁度良い感じ、好印象でした。

 

で、さらには買取査定の時に、私がFXの関連書籍を多数持ち込んだからか、FXの話を持ち出して来たんですね。

 

それで何かFXで良い本はありませんか?と尋ねて来ましたので、この本とあの本がいいですよ。とても勉強になりますよ~とかってお話しておきました。

 

ちなみに、この本とあの本というのは、下記2点になります。

 

デイトレード

世紀の相場師ジェシーリバモア

 

で、対象通貨ペアは何をやってるだの、どういうストラテジ(戦略)を持ってるだの、色々と談笑しました。

 

まあFXで稼ぐ事は非常に難しい事を知っている私からしたら『大きな火傷を負わずに撤退してもらいたいんだけどなぁ』と内心思いましたが。 

 

ちなみに株でFXで稼ぎたい!って気持ちをお持ちの方は、下記の記事をご一読される事をおススメしますよ。

 

 

という事で、本日もここまで長くなってしまいましたが、最後までお付き合い頂き、本当にありがとうございます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 質素な暮らしへ
にほんブログ村

広告を非表示にする