今日も明日もありがとう。

質素な生活ですけど、楽しいんです。

雰囲気作りに最適!re:plusのおすすめランキングベスト10!

落ち着いた部屋。

おはようございます。たよちでございます。

最近、部屋に居る時は自然の音楽を常に流す様にしているのですが、自然の音楽をずっとずっと流すのもアレですので、たまに違った音楽を掛けていたりします。

それもJ-POPというジャンルに限らず、基本的に色々な音楽を聞いています(※ロック方面はあまり聞いていませんが)

私は元々(とは言っても、中学生とか高校生のあたりからなんですが)人とは違った事をするのが好きな人間です。

それは音楽も一緒で、この音楽は世間ではあまり知れてないだろうけど、これはうけるだろう!的な方向性で、色々な音楽と向き合ってきました。

きっかけはビートマニアというゲームソフトなんですが(笑)

ビートマニア

ビートマニア

 

その勢いが私自身の中でより加熱したのは、高校生の頃でした。

高校生の頃からバイトをしていましたが、休みの日には都内まで遊びに行って、大型CDショップにフラっと寄って、視聴機コーナーで頻繁に視聴していたりましたよ。

それでここ最近は都内に遊びに行ったりする事は全く無くなってしまい、相変わらずおうちの中や近所をお散歩するというまったりな生活が続いています。

が、それでもYouTubeなどを使って、新しい音楽を探し求める日々は続いています。

そんな中で、去年あたりにYouTubeを通じて知りまして、ここ最近は音楽CDを買うという行動から離れつつあった私であっても

 

『これは絶対に買いだ!』

 

と思ったアーティストさんがいらっしゃいます。それが今回ご紹介する『re:plus』さんというアーティストです。

 

 

 re:plusってどんなアーティスト?

 

さて、この『re:plus』というアーティスト名を見て頂いて、『ん?洋楽か?』とかってお思いの方もいらっしゃるかも知れません。

が、この方、実は日本のアーティストさんです。ちなみに静岡県沼津市という、けっこうローカルな地域のご出身だったりします。

re:plus

ですが、re:plusさんが提供する音楽はHiphopがメインになります(他ジャンルもありますが)

一般的?にはHiphopってちょっとダーティー色の強い感が先行してるんじゃないかと思います。

が、re:plusさんは全然違います。超綺麗目な楽曲を提供しています。

で、私の知り合いにも『この曲いいよー』と思って試しに何曲か紹介したのですが、皆さんこぞって

 

『おお!この曲いいね!』

 

とか

 

『すごくセンスが良いね!』

 

という事で、悪い評価をもらった事がないのですよ。

それでさらに凄いのが、アルバムの中で『捨て曲』が全く無いんですよ(笑)

大体、通常のアルバムって『捨て曲と良い曲』で構成されているもんじゃないですか?

でも、re:plusさんに限っては、それが全く無いのですよ。これ本当です。

そんなre:plusさんなんですけれども、今回、re:plusさんの中でも特におススメ出来る楽曲を、ランキング形式でお送りしたいと思います。

ちなみに、ランキング選出に迷いに迷ったのはここだけの話(苦笑)

 

 ランキング発表!

 

第10位 Overcome(feat.Butta P & Gig!)

 

Overcome (feat. Butta P & Gigi)

Overcome (feat. Butta P & Gigi)

  • re:plus
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

アップテンポなHiphopナンバーで、女性ヴォーカルがとっても良い似合ってます。いやあ、第10位なのにカッコよ過ぎる(笑)

昼下がりのお部屋の雰囲気作りにはもちろん、お天気が良い時のドライブにもバッチリ合うでしょうね。

 

第9位 One Dream(feat. Sam Ock)

 

One Dream (feat. Sam Ock)

One Dream (feat. Sam Ock)

  • re:plus
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

まさに曲名の通りではありますが、毎日ひたむきに夢や目標に向かって突き進んでいる方に送りたい1曲。

雰囲気的には、ちょっと心理的に辛い時に誰か(友達とか)が駆け寄ってくれて、『大丈夫だよ。お前なら出来るさ。』って声を掛けてくれる様な感じがします。

 

第8位 Nighttime

 

Nighttime

Nighttime

  • re:plus
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

聴いて頂くとわかるのですが、もう超メロウなピアノの旋律が本当に本当にたまりません!

夕暮れ以降のお部屋の雰囲気作りや、夜ドライブのお供にピッタリ!彼女との夜デートにも個人的にはおススメ。

 

第7位  White Avenue

 

White Avenue

White Avenue

  • re:plus
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

あくまでも個人的主観なんですが、真冬の夜の雪道を歩いている。そんなイメージの1曲です。

これまたピアノの旋律がとってもメロウでリピート再生間違いなし!美し過ぎる。 

 

第6位 Headline(feat. Cise Star)

 

Headline (feat. Cise Star)

Headline (feat. Cise Star)

  • re:plus
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

恐らくニュースのOP的な雰囲気を狙って作ったのかな?と思ったりします。

が、個人的には『大都会の非常に爽やかな(現実それには程遠いですが)通勤ラッシュ』という感じ。カッコよ過ぎです。

ちなみに、東京都内に行く時は毎回この曲を聴いています(笑)

 

第5位 Imagine(feat. The 49ers)

 

Imagine (feat. The 49ers)

Imagine (feat. The 49ers)

  • re:plus
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

一言。カッコいいし、美しい。出だしの美しいピアノの旋律から、hiphopに切り替わる瞬間が最高。男性からも女性からもウケが本当に良い1曲です。

 

第4位 Getting Close 

 

Getting Close

Getting Close

  • re:plus
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

いやあもう美し過ぎます。夕方時とか落ち着いた日中とか、1人で黄昏たい時にこの曲をよく聞いています。

昼間よく遊んで、その後の遊び疲れた感じというか。沈みかけている太陽と一緒に聞くと、心にとてもしみます。

 

第3位 Solitude

 

Solitude

Solitude

  • re:plus
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

まさに『孤高』という感じの1曲。実はre:plusさんの魅力にドップリ漬かる様になったきっかけの1曲だったりします。

素直にカッコいいし美しいです。この曲を聴くと、頭の中が『ビシッ!』とします。

 

第2位 Interlude

 

Interlude

Interlude

  • re:plus
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

恐らく、re:plusさんがお好きな方でこの曲を推す方は少ないと思うのですが、私はおススメします。

Interludeって、日本語で幕間の意味になるのですが、本当にその通り!って感じの1曲です。

勤務先の休憩時間や、ちょっとのびのび出来る昼下がりにおススメです。

 

第1位 Regret

 

Regret

Regret

  • re:plus
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

さて、栄えある第1位はこの曲です!

一言で言うならば『物悲しい雰囲気に包まれているんだけど、そこに希望の光が差してきて、また前を向いていこうよ』的な1曲です。

曲調は本当に美しくもカッコ良い。とりあえずRe:plusさんで1曲だけ選べ!って言われたら、この曲ですね。

 

 まとめ。

 

いかがでしたでしょうか?

re:plusさんをご存知無かった方はとても多いかと思うのですが、とても魅力的に思って頂けた方は多いかと思います(であると嬉しいのですが(笑))

正直、ここまで完成度の高い楽曲を世に出し続けるアーティストって、そうそういないと思っています。

私はCDを買ってしまいましたが、CDは最早私にとっての宝物ですね。もしあなたも宜しければどうぞ。

Ordinary Landscape

Ordinary Landscape

 

 

Everlasting Truth

Everlasting Truth

 

それでは本日も長い記事になってしまいましたが、ここまでご覧頂きまして、本当にありがとうございます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 質素な暮らしへ
にほんブログ村

広告を非表示にする