今日も明日もありがとう。

質素な生活ですけど、楽しいんです。

旅行やドライブ好きだった私が、そこからどんどん離れていった話。

旅行やドライブ。

おはようございます。たよちでございます。

当ブログは質素な生活を志しているか、質素な生活をしていらっしゃる方向けのブログでございますので、そうで無い方も多数いらっしゃるかと存じますが、皆様は旅行とかドライブはお好きでしょうか?

私は今でこそ旅行やドライブはかなり興味が無くなったのですが、ちょっと前までは旅行やドライブはかなり行ってました。というか、その為に働いていた様なモノなのですが。

今日はその話を、昔の私の過去の思い出話を交えながらも、現在の心境を色々と書き綴ってみたいと思います。

 

  

地図を見るのが大好きだったから。

 

私は昔から旅行やドライブというのが大好きで、その中でも夏休みとか冬休みの時期に家族で出かける旅行やドライブは本当に楽しみなイベントの1つでした。私が小学生時代の頃から、地理が大好きだったのが大きな要素だと思っています。

その地理に目覚めたきっかけなんですが、大体小学校3~4年生位の頃に、自宅にあった父の大きな地図を見ては、『こんな道路が走ってるんだ』とか、『こんな場所があるんだ』とかって夢中になった事から始まります。

ドライブ中の地図。

そんな生活を過ごす中で、夏休みや冬休みやGWを使った、家族旅行やドライブはとっても楽しい一時だったのですが、その中でも一番印象深く残っているのが、1996年の夏休みに、家族で熱海に1泊2日で旅行に行った時の事ですね。

旅行当日、両親が寝坊してしまって出発時刻が大幅に遅れてしまった事や(およそ2時間遅れ)、その頃は圏央道は当然ながら全く開通していなかったので、首都高に各方面からの車が集中して大渋滞、そして静岡方面に向かう東名高速も当然大渋滞で、熱海に着いたのはなんだかんだで夕方前でした。

それでも、その頃からハマり出した邦楽を独自のチョイスでラジカセに無理矢理録音したモノを聞いたりだとか、恐らく日本の高速道路の中で一番有名な休憩スポットであろう、海老名SAで家族みんなでレストランで食べたり、真鶴半島でゆっくりした思い出は一生モノですね。 

 

 夢が叶って、楽しかった日々。

 

そして小学校の頃から旅行やドライブが好きだったので、ずっとずっと思っていたんですよね。『大人になったら、自分で旅行に行ったりドライブに行きたい』と。なので、高校3年生の時に進路を決めてからは、さっさと教習所に通ってました。

都合で高校在学中には免許は取得出来なかったのですが、高校を卒業した翌月の4月に無事に免許は取得。父親には『勝手に車は乗るな』と言われていたのですが、夜中にこっそり車のカギをこっそり盗んでは、そこら辺をドライブという名の冒険をしまくっていました。

夜中のドライブ。

それで、私の兄が実家から離れる時の引越しの作業の時に、初めて公式に1人で勝手に運転しても良いとの許可が降りて、昼間に1人で堂々と運転出来る様になりました。昼間なのでちょっと緊張はしましたけれども、それもすぐに解消しましたね。

その後は、私の父親が普段会社の車を使って仕事に行く様になりましたので、父親の車は使いたい放題になりまして、夜中に友達と遊びに行ったりだとか、彼女と旅行やドライブをしに行ったりだとか、そんな感じでした。

 

1,000円高速にはお世話になりました。

 

で、社会人になって以降は、1人旅にハマる様になります。交通手段も車だけじゃなくって、高速バスやら、鉄道網もしっかりと活用する様になったのですが、20代の頃はまだ車を使う方が多かったですかね。

それは車で移動する事の自由気ままさが大好きだったのもあったのですが、高速道路の料金制度に物凄く画期的な制度が導入されたのを覚えていらっしゃるでしょうか?そう、休日特別割引『通称:1,000円高速』です。

千円札。

それは旅行が大好きだし、ドライブも大好きだった私にとっては、夢の様な制度だと思いました。大都市部の区間は対象外になりますが、それでもETCを積んでいればどれだけ走っても1,000円であちこちに行けるんですよ?

ちなみに、私が1,000円高速を使って一番遠くまで出かけたのは、京都でしたね。確か4回くらい行った気がします。一晩中高速道路を走り続けました。ただ、夜中でも明らかに交通量が多かったし、まだ新東名が開通する前だったので、東名は夜中でも大渋滞が発生してしんどかったです。

しかしながら、制度終了後はそこまで長距離を走り続ける事は無くなりまして、次第に近場メインでの旅行やドライブがメインになっていきます。さらにはこう考える様になってしまったんですよね。『1人旅や1人ドライブって無駄じゃない?』と。

 

海を見るのに、10,000円??

 

私は2016年から、訳あって受けたセミナー受講がきっかけなのですが、寄付を全力で行っています。その寄付を行った事が直接の要因かはわからないのですが、突然思ったんですよね。上記の通りですが『1人旅やドライブって無駄じゃない?』と。

例えばの話なんですが、私が住む埼玉県というのはご存知の通りですが、海が無いんです。だから、埼玉県民というのは『海を見ると、非常にテンションが上がりやすい傾向にある』んですね。(※意中の女性が内陸県出身(在住)の場合、ここは大切なポイントです(笑))

しかしながら、埼玉県から海までってけっこう遠いんですよ。だから、ドライブで海に行こう!ってなったら、燃料代と高速代とご飯代で下手すると10,000円近く掛かってしまいます(※人数が多ければ、1人あたりの負担は減りますが、1人メインだったので)

1万円。

それで思っちゃった訳ですよ。『海を見るのに、10,000円って高いよね?』って。そして『10,000円もの対価があるだろうか?』と。私は対価があるとは思えませんでした。いつの間にか、だったら自宅でゆっくりした方が良いと思う様になったんです。

 

ラーメン一杯食べるのに、5,000円??

 

また、私はラーメンが大好きな人間でして、ちょっと前まで、深夜に東京都内まで出かけてラーメンを食べに行くという事もしていたんですよね。私の中で『ラーメンドライブ』という名前で定着していたんですけれども。

でも、そのラーメンを食べに行くのも、当然ながら燃料代と高速代とラーメン代が掛かってしまいます。そしていつも1人で食べに行きます。友達と行くなら割勘出来ますけど、1人なのでそれは出来ませんよね。

さて、自宅からそのラーメン屋さんにラーメンを食べに行くのに必要な金額っていくら掛かると思いますか?燃料代と高速代(※オール下道でも行けますが、かなり疲れます)とご飯代合せて、およそ5,000円です。

5千円札。

という事で、『一杯1,000円のラーメンが、一杯5,000円のラーメンに化けてしまった』のです。それもよく通っていた時期は毎週末行っていましたので、ラーメン代が月に20,000円掛かっていたって事になります。

こう考えて見ると『とても無駄だよな』って思いませんか?そう思ってからは、自然と東京都内のそのラーメン屋さんに通う事は無くなりました。今は地元のラーメン屋さんにお世話になってまして、地元のラーメン屋さんも美味しい所が増えたんだなと、新しい視野の開拓にも繋がってます。

 

3万円近く投じた1人旅が心底つまらなかった話。

 

そして宿泊を兼ねた1人旅はもっともっとお金は掛かります。昨年の2月に名古屋に2泊3日で滞在する用事(遊びも兼ねてですが)が発生したので行ってきたのですが、率直に言って、自宅でごろごろした方が何倍も良かったと思ってます。旅行ってそういう事多くないですか?

ちなみに、旅行代がとても安くなると評判のJR東海ツアーズさんの往復新幹線+宿代がセットのプランを申込ましたけど、それでも20,000円は掛かりました。そして飯代とかお土産代で5,000円はプラスで掛かります。

という事で、30,000円近くを投じて1人旅に出かけたのに、何の感動も無く埼玉に戻って来てしまったのです。そして、その直後に体調を崩しまして風邪を引いてしまったというオチまで発生します。

それ以降は、家族(主に母親ですけれども)が『○○に行きたい!』って希望が出た時にのみ、旅行には行く様にしています。不思議と家族旅行だけは楽しいんですよね。みんなで楽しめているからでしょうかね?それか私の家庭が仲が悪くないからかも知れません。

 

質素だけど快適な日々。

 

という事で、本日は旅行やドライブ好きだった私が、どんどん離れていった話という事で、小学生の頃の思い出話も織り交ぜながら、長々と書いてしまいました。

そうそう、1人旅とか1人ドライブをしなくなったからと言って、日常生活がとても退屈で仕方が無くなったって事は無いですね。むしろ、こうやってブログを書き綴っている事とか、近所をお散歩したり、ベッドの上で過ごす事が不思議ととても快適な今日この頃です。

それでは今回もお忙しい中最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 質素な暮らしへ
にほんブログ村

広告を非表示にする