今日も明日もありがとう。

質素な生活ですけど、楽しいんです。

真夏に外で涼みつつも、節約して乗り過ごすテクニックを紹介します!

クーラー。

おはようございます。たよちです。

 

季節的には『夏』を迎える今日この頃ですけれども、『夏の昼間』というのは、とにもかくにも

 

『暑い!!』

 

ですよね。

 

ちなみに、私が今この記事を執筆しているのは、実家の自室なんですけれども、南向きの部屋ですので、昼間は本当に暑いです。

 

なので、この時期になると、『雨戸を閉める+カーテンを閉める+冷房を効かせる+扇風機も設置する+上半身真っ裸(笑)』という対策で、どうにか過ごしています。

 

しかしながら、上記の組み合わせは体に良いか悪いかって言ったら、そりゃあ悪いんですよね。

 

雨戸を閉める訳ですから、日中は日光が遮られますので、セロトニンが不足する事になって、憂鬱な気分(最悪精神疾病)にも繋がってしまいます。

 

また、冷房をガンガンにフル稼働させれば、当然ながら『電気代』は掛かりますし、扇風機を使ってダイレクトに体に浴びせているので、体を壊すリスクもあるのは事実です。

 

という事で、自宅以外で『体にも懐にも優しい涼みスポット』が無いのかどうかを、今回の記事ではご紹介したいと思います!

 

 

図書館で涼しむ。

 

図書館。

 

まず最初に、やっぱり外せないのが『図書館』ですよね。

  

図書館は基本的に利用料金は無料ですし、1日居ても何も言われないし、本もたくさんありますので、夏場の涼み&暇つぶしスポットとしては『最高』の場所でしょう。

 

それと図書館って『本』だけじゃないんですよね。

 

最新号の雑誌(専門誌ですが)なんかも置いてありますし、CDやらDVDといった視聴覚資料も置いてあったりします。

 

しかしながら、図書館が無料で丸一日居れて快適なのは『当たり前』な事です(笑)

 

ですので、夏場(※特に土日)は朝一から混んでいます。

 

さらには、夏休みを迎えた学生さん達(※主に受験生)が、友達や仲間同士で勉強しに来ますので、なおさら混んでいます。

 

ちなみに、私の地元の図書館の場合ですと、開館する9時前には、座席確保待ちの人々で既に並んでいて、9時を過ぎると、皆さんダッシュで座席を確保しに行きます。

 

なので、朝一に座席が確保できない!という方は、図書館を利用するのはちょっと難しいかもしれません。

 

スーパーマーケットで涼しむ。

 

スーパーマーケット。

 

次に、近所の『スーパーマーケット』です。

 

スーパーマーケットだって、当然ながら冷房は効いている訳ですから、どうせならお買い物をしながら涼めば効果的ですよね?

  

ただ、さすがに店内に長居していると、暑さよりも体のしんどさの方が上になってしまいますので『暑さのピークタイムをやり過ごす』という意味合いで活用すべきだと思います。

 

例えば、1日の最高気温というのはおおよそ14~16時の間に出るのですが、その時間帯を狙って、あえてスーパーマーケットに出掛けて、日頃のお買い物を済ませるのです。

  

ただし、ご自宅からスーパーマーケットに辿り着くまでに、外に居る時間が長ければ長い程、熱中症になってしまうリスクがあります。

 

ですので、熱中症のリスクが出来る限り少なくなる『車での移動』が出来る方や、ご自宅からスーパーマーケットまでの距離が至近である方のみのテクニックになってしまうでしょう。

 

しかし、それを乗り越えれば、スーパーマーケットの中だと、スムーズに買い物が出来るでしょう。

 

何故かと言うと、みんなわざわざ暑い中、家から出たくも無いからです(笑)

 

実際、この暑い時期というのは、午前中に買い物に行ける時間があるのであれば、午前中に大体買い物を終わらせる方が大半です。

 

なので、夏場というのは『昼前』がお客様がけっこう多くって、午後に入ると夕方以降まで、店内は混雑が緩和されて、落ち着いてお買い物が出来るんですよね。

 

なおかつ、時間があるのであれば、お買い物をする前に、恐らくスーパーマーケット内に設置されている『休憩スペース』で、スマホやらで時間潰しをしてみればいかがでしょう?

 

それと、店内にありがちなイートインコーナーを凝視してしまうと、お腹が空いてしまって、お金が掛かる可能性がありますので、なるべく見ない様にしましょう(笑)

 

ブックオフで涼しむ。

 

本屋。

 

次にご紹介するのは、近所のブックオフで立ち読みです。

 

まあ真夏の時期の涼みスポットとしての活用以外としても、単に暇つぶしの需要として知られた存在なので、目新しさは無いですが。

 

でも、漫画が嫌いな人ってそこまでいらっしゃらないでしょうし、自分が好きな漫画を読んでいれば、時間があっという間に過ぎて行きます。

 

ただ、長時間立ち読みしていると、腕や足が筋肉痛になってどうしようもなくなる場合が発生しますので、『程々』にしましょう。

  

座って読みたい場合は、素直にお金を払って、近所のネカフェに行きましょう(笑)

 

ショッピングモールで涼しむ。

 

ショッピングモール。

 

次にご紹介するのは、近所のショッピングモールでぶらぶらする事です。

 

これも上のブックオフと同様で、暇潰し目的で、年がら年中みんなやってるでしょ?っていう話になりますよね(苦笑)

 

でも、漫画や読書にもそこまで興味無いんだけど、服や雑貨なんかを買わなくてもいいから、色々とモノを見に行けば、それだけで満足する!って場合には、とても有効です。

 

で、ショッピングモールは、色々なお店がある訳ですから、あっという間に時間は過ぎて行きます。

 

そしてその途中疲れたら、ベンチやらソファに寛いで、スマホでもいじっていれば、リラックス出来ますしね。

 

ただし、ショッピングモールはあるけれども、ご自宅から遠くって交通費が高くついてしまう場合は、ちょっとオススメ出来ないですね。

 

まとめ。

 

いかがでしたでしょうか?

 

という訳で、上記に挙げたテクニックをご覧頂ければわかるかと思いますが、スーパーマーケット以外は、単なる暇つぶしテクニックの延長ですね(笑)

 

そして残念ながら、エアコン代を節約しても、そこまで電気代が大きく変わってくるという事でも無さそうなのです。

 

色々なサイトを調べたのですが、冷房を1時間稼動させた事による電気代というのは、なんと!

 

『15~20円』

 

位に落ち着くそうなんです。

 

これを見ると『ええっ!?案外高くないじゃん!』って思いませんか?

  

それでも、何が何でも自宅での冷房代を節約したい!という方は、今回ご紹介したテクニックを駆使して頂ければと思います。

 

今回もここまで長くなりましたが、最後までご覧頂きまして、誠にありがとうございます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 質素な暮らしへ
にほんブログ村

広告を非表示にする